吉村花音

出典: ピチレモン百科事典 『ピチペディア』

kyanon3.jpg

プロフィール

  • 吉村 花音(よしむら かのん)
  • 1999年7月29日生まれ
  • 神奈川出身
  • ボックスコーポレーション所属
 

人物

  • ニックネームは「のんたん」
  • 趣味は音楽鑑賞
  • 中学では演劇部
  • 学級委員
  • 好きな科目は美術
  • 菜々緒に似てる
  • 将来の夢は演技のできる女優さん
  • 1人っ子
  • 股下90
 

エピソード

  • 2012年に行われた第20回ピチモオーディションに合格し、ピチレモン専属モデル。合格時の身長が、すでに170cmを超えていたのは、オーデ史上初で、もちろん合格時最長記録
  • 同オーディションでは、グランプリと同時にプリウリ賞も受賞。9代目プリウリモデルとして、2012年7月〜2013年7月までの1年間、プリウリのホームページやプリウリの全国イベント、ピチレ本誌のプリウリファッションページなどで活躍することになる
  • オーディションの2次面接にて、ピチモ代表として審査に同席した当時のエース志田友美より「脚が長すぎてヤバイ!身長も、まなと同じくらい高かった〜」と驚きをもって評される
  • その面接では、頭が真っ白になり、自分の力を出し切れなかった。もっと笑ったり、ポーズをとったりできればよかったのにと後悔している
  • 最終合格を報せる電話を切ったとたん、母と抱き合って「やったぁ〜!!」と喜ぶ。あまりに大声で叫びすぎて、実際に声がしばらく出なくなったほど、うれしかった
  • オーディションを経ての新ピチモのニックネームは、ピチレモン公式サイト上での読者投票によって決まる。吉村の場合、「カノン」「かのおん」「のんたん」「のんちゃん」の4つの候補が提示され、その中から最も得票を集めた「のんたん」に決定した
  • ピチモデビューとなる初ピチ撮は、2012年8月号のプリウリページにて、先代のプリウリモデル中山咲月とのツーショット。ここには、毎年恒例、新旧プリウリモデルによる引継ぎ式の様子も掲載され、中山から「プリウリモデルとしての心がけ」も伝授される
  • ちなみに、そんな初回のピチ撮で、極度にキンチョーしていた吉村は、先輩の中山から「そのうちなれるよ」という、なんとも無責任かつテキトーなアドバイスも受ける
  • 170台のピチモは、常に現役で1〜2人が存在するが、オーディション合格時、すでに身長が170台というのは、史上初。現在のピチモ最高身長記録は江野沢愛美黒田瑞貴の171であるが、これを吉村が更新するのも時間の問題とされる
  • そんな抜群のスタイルから、歴代ピチモでナンバーワンスタイルとされる「さとしお(佐藤栞里)の再来」とも言われる
  • 休日は「目がつぶれそうになるまで、ずーっと本を読んでる」というほどの読書好き
  • ほぼ同期&同学年の荒川ちかとは、誕生日が全く一緒
  • こんなに細いのに、実は大食い。「みんなに意外がられるけど、食べるの大好きで、必ずおかわりしてる」というように、ピチモで1番の食欲。12月号の裏ピチでも、ピチ撮お昼の焼肉弁当を完食する様子が紹介される
  • 中学では演劇部に入部する。いずれは舞台に立って、みんなに注目される大きな役を演じるのが夢。ただし現在は、1年生なのでずっと裏方
  • 恋愛には積極的で、完全な肉食系。気になる男子がいたら、自分から告るタイプ。「いまの男の子って、自分からぜんぜん言ってくれないし、待ってられない」
  • 2013年4月号の「ヘアカット&ヘアアレ」ページにて、これまで伸ばしていた前髪をバッサリカット。前髪を作りパッツンにする
  • 学校では「学級委員キャラ」。現在、中1&中2と、2年連続で学級委員に就任中
  • 2013年4月、念願のオフィシャルブログ「かのんCute Days」を開設する。最初の更新は同月9日。「気合入ってます」ということで、更新の回数も比較的多く、読者からの質問コメントにも、丁寧に回答する
  • 2013年4月、学校の身体測定にて、身長が175.9cmとなる。これは、現役ピチモのみならず、歴代ピチモ全てにおいても、ダントツの最高記録。アイドルの中で最も身長が高いとされる熊井友理奈(Berryz工房)を超える
  • これにともない、13年8月号の巻末プロフィールから、身長の表記について「身長176cm」となる
  • 13年8月号の企画「中2ピチモ・ディズニーロケ」に、同学年の上白石、小川、山崎と吉村の4人で参加。撮影を忘れるくらい大いに楽しむ。記念としておみやげに、シーのエンポーリオで、4人オソロのストラップ(それぞれ色違い)を購入する
  • 2013年の夏休み、4泊5日の日程で家族旅行で北海道に行く。途中訪れた旭山動物園では、事前に連絡を取り合い、北海道在住でオーデ同期の石田美月と合流。石田の案内のもと、いっしょに園内を楽しむ。この一連の北海道旅行の様子は、吉村のオフィシャルブログにて、写真付きの詳しいレポが読める
  • 本誌9月号のとじこみ付録「東京ぐるぐる夏遊びBOOK」のロケで、上白石萌歌と共にスカイツリー&ソラマチに行く。 スカイツリーに登ったったのは人生初。ソラマチでは、キャンディー・ショータイムで、できたてほやほやのキャンディーを試食、お土産に買って帰る
  • 小5からピチ読。もともとピチレモンが大好きで、ずっと読んでいるピチレのモデルさんになりたいと思い、2013年のピチモオーディションに応募した
  • 2020年のオリンピック開催地の決定がすごく気になっていたため、発表のある2013年9月8日は、ちょうど日曜だったこともあり、けっきょく前日からずっと寝ずにテレビを見ていた。明け方、東京に決まったことを確認し、安心して眠りにつく
  • ピチモ代表の1人として、2013年11月21に「ピンクラテ」、翌週28日には「レピピアルマリオ」の新作展示会(2014春夏)に参加。レピピの現場では、それぞれが自身のお気に入りの服を選び、実際に試着して撮影が行わた。そんな仲、いっしょに参加した五十嵐ありさが、あれもこれもと迷い続け、一向に試着アイテムが決まらないという超優柔不断っぷりを発揮。これに吉村が、「もー、いま着てるそれに決めなよ」と説得する
  • 最も仲のいいピチモは、同じ事務所で1コ年上の楠山真緒。まおりんと呼び、暇さえあれば、しょっちゅう一緒に遊びに行く
  • 実は生まれは関西。しかし、生後まもなく関東(神奈川)に引っ越したため、言葉は完全な標準語。関西弁は一切操れない
  • 中3となった2014年4月の身体測定では、身長177.8cmを記録。前年より1.9cmの伸び。ピチモとしての歴代最高身長記録を更新する
 

ピチモとしての歩み

 

関連リンク