山本花織

出典: ピチレモン百科事典 『ピチペディア』

kyao4.jpg

プロフィール

  • 山本 花織(やまもと かおり)
  • 2000年11月7日生まれ
  • 千葉県出身
  • O型
  • スターダスト所属
     

主な経歴

  • 2009 CM「しっかりおかず」(ほっともっと)
  • 2010 テレビ「We Can」(BSフジ)2期メンバー
  • 2012 雑誌「キラピチ」(学研)専属モデル
  • 2012 雑誌「なかよし」(講談社)
  • 2014 テレビ「すすめ!キッチン戦隊クックルン」(NHK)
  • 2014 雑誌「ピチレモン」(学研)専属モデル 
     

人物

  • ニックネームは「カオ」
  • 趣味はお菓子作り
  • 特技はバスケットボール
  • 中学では元気キャラ
  • 好きな食べ物はみかん
  • 山本茉央(HKT48)に似てる
     

芸能活動一般

  • 芸能界に入ったきっかけは、現在の所属事務所スターダストによるスカウト。小2のとき、表参道を歩いていると、声をかけられた
  • 芸能界に入って、最初の大きなお仕事が、2009年に出演した、ほっともっとのCM「しっかりおかずのお弁当」。実際、最も印象に残っているお仕事としてあげる
  • 2010年、BSフジの小学生による小学生のための情報バラエティ「We Can☆」に、レギュラー出演。すイエんサーにおけるすイガールのような役どころの「We Can Girls☆」2期メンバー。ちなみに、長崎すみれ(当時は米谷名義)も同レギュラーであったが、長崎は1期生であるのに対し、山本は2期。けっきょく、番組中でふたり共演することはなかった
  • 学研発行、ピチレの妹誌で、ニコプチと並ぶ小学生雑誌「キラピチ」に、モデルとして登場。2012年12月の創刊以来、専属モデル(キラモ)。中2となった2014年に同誌を卒業後、編集部への顔見せを経て、同年7月、本家ピチレに採用となる
  • 当然、キラピチの初代卒業生ということで、同誌からピチレへ移籍を果たした最初のケースとなる。今後、「キラモ⇒ピチモ」コースが定着するのか、注目される
 

ピチレモン時代

  • 2014年7月1日より、オーディション外にてピチレモン専属モデル。初登場は同年8月号
  • ピチレ誌上でのニックネームは「カオ」に決定。ピチモのニックネームは、オーディション出身者の場合、読者投票により決定するが、山本のようなオーデ外(顔見せ)加入の場合は、編集部が決める
  • キャッチフレーズは「さわやかオーラ全開!元気は負けません」
  • 面接を担当した編集部からの第一印象コメントは「見た目と違って、とってもパワフル&元気いっぱい。キラキラした笑顔もステキ」
  • チャームポイントは、笑ったときにうっすらできるえくぼ
  • 憧れのピチモは福原遥関根莉子と王道
  • 特技であるバスケットボールは、小4からずっと続けており、中2現在、バスケ歴は5年を数える
  • また、短距離走も得意であり、50m走の自己ベストは7秒6。ピチモで1番なことはもちろん、クラスの女子でもトップ。清野菜名小林由理以来の、スポーツ万能系ピチモである
  • ピチモには2014年7月からの加入ということで、9月号恒例のお泊りロケ企画「中2ピチモ林間学校」には間に合わず、登場はナシ。本格登場は、同年10月号に持ち越しとなる
  • 14年10月号が、ピチモとして実質的な本誌デビュー。バラエティページの他、イキナリ、読者投稿コーナー「アフタースクール」の当番ピチモとして、読者のお悩み相談に回答するという大役も担当する
  • その最初の撮影の終了後、当日の参加ピチモ全員で、「カオ&マナ歓迎会」と題し、新ピチモ歓迎会が実施される。場所は、編集部のすぐ近く、ビッグエコー五反田東口駅前店。みんなで楽しく騒ぎ、その日ですっかり打ち解ける
  • 山本家は、あまり家族旅行に行かない一家。14年4月号の「ピチモ旅行自慢」において、各ピチモがそれぞれ、これまで行った思い出の家族旅行につき、1位から3位までをあげるところ、山本だけは、「うちはあまり行かないので」と、2位までしかあげなかった
  • 大好きなバスケであるが、中2のとき、芸能活動との両立に限界を感じ(平日は朝と放課後、土日は練習試合で、ほぼ毎日が部活漬け)、泣く泣く退部する。「あー、辞めたくなかったぁ!」と語るように、未練たらたら
  • 料理が得意。ピチレの撮影現場へも、頻繁に手作りのスイーツなどを差し入れし、ピチモやスタッフから、大いに喜ばれる。15年4月号の撮影には、手作りのハートのチーズタルトを、同年5月号の撮影には、ケーキを持っていった
  • 15年5月号では、ピチモ歴10ヶ月目にして、号内の登場数が初の1位となる。バラエティ系ページを中心に、数多く登場し、大活躍する
  • 15年6月号のロケ「ピチレ球技大会」に出場。得意のスポーツ系企画ということで、自チームを引っ張る活躍をする。最終的に「MVP」にも選出され、まさに本領発揮となる
 

ピチレモン登場データ

 

関連リンク