小林玲

出典: ピチレモン百科事典 『ピチペディア』

rei3.jpg

プロフィール

人物・経歴

  • ニックネームは「レイ」
  • 一人称も「レイ」
  • 好きな色は「黒」
  • クール系担当
  • キリッとしてカッコイイタイプ
  • 見た目はクール系なのに、実は天然
  • 利き手は両利き
  • 趣味はぬいぐるみ集め
  • 中学ではバレー部
  • 生野菜は嫌い
  • 実は脚が短い
  • AKB48の武藤十夢に似てる
  • 鈴木裕乃にも似てる
  • 安室奈美恵ファン
  • 2015年に本名から「小林れい」に改名

エピソード

  • 前田希美に憧れて「自分もピチモになりたい!」と思うようになり、小6でオーディションに応募。グランプリを授賞し、2011年7月号よりピチレモン専属モデル
  • オーディション出身の新ピチモのニックネームは、ピチレモン公式サイト上での読者投票によって決まる。小林の場合、「れい」「れいれい」「レイ」「コバレイ」の4つの候補が編集部より提示され、その中から最も票を集めた「レイ」に決定する
  • オーディションの2次審査では、最初、周りのコがちがみんな自分より可愛く見えて、「ヤバイ!ウチ、この場にいていいのかな?」と思う。しかし、すぐに「もういいや、楽しもう!」と気持ちを切り替え、吹っ切れたことで、あまりキンチョーせず、普段の自分を出せた
  • オーディションでキンチョーしなかった代わりに、初のピチ撮では、めちゃめちゃキンチョーする。雑誌で見ていた憧れのピチモが、すぐ近くにいて、しかも、一緒に撮影するということで、ガチガチになる。しかし、近寄りがたくてコワイと思っていた先輩ピチモたちが、どんどん話しかけてくれてうれしかった
  • そんな初のピチ撮とは、2010年7月号。記念すべきピチモデビューが、イキナリの巻頭ファッションページ「ピチモ7人七変化」。志田友美清野菜名といったトップピチモと一緒の撮影となった。七変化ということで、各ピチモがそれぞれテーマごとのファッションを分担するのであるが、ここでここで小林は、そのクール系の外見から「ロック」を担当。全くの新人にも関わらず、イキナリのファッションページデビューということで、編集部による期待の高さがうかがえる
  • このロケでは、撮影中に雨が降り出す。すると小林は、濡れながらも撮影を続けるカメラマンさんに、傘をさしかけてあげるという優しさを発揮。初撮影にも関わらず、こういった周囲への気遣いができるということで、小林の性格がよく分かるエピソードである
  • 保育園のとき、園の庭にあった砂山に登って転げ落ち、前歯を折る
  • 小学のころは、休み時間に校庭でサッカーをするようなスポーツ少女
  • よく「AFTERSCHOO(アフタースクール)のナナに似てる」といわれるが、本人に自覚は無い
  • 中3、かつ、現役のモデルであるにも関わらず、学校では地味なキャラ。制服のスカートの長さも、学年トップの「ひざ下8cm」。とりあえずは、中学卒業まで徹底的に校則を守ることを生業としている超優等生
  • ピチモが選ぶ、「会う前と会った後で印象が変わったランキング」ダントツ1位。外見からも、クール系&冷めてる子に見られ、とっつきずらく思われるが、実際会ってみると、天然でよく喋る、さびしがりやの甘えんぼキャラである
  • 7つ下の弟と、小林が中2のときに生まれた13つ下の弟がいる3人姉弟。休日や学校から帰ると、しっかり面倒を見て、遊んであげる弟思いのやさしい姉
  • 2011年10月27日放送の『なるほど!ハイスクール』(日テレ)。その中のクイズコーナー「ガチガセAKB」に、AKBのニセモノ役として登場。しかし、前週の予告ではしっかり映るも、本放送では、出演シーンはカット。唯一、コーナー最後の「正解・不正解一覧」の結果発表にて、ちっちゃく写真が映る
  • 非リア充。恋愛や彼氏は夢のまた夢。とりあえず現在は2次元専門で、理想のタイプは『今日、恋をはじめます』の椿京汰
  • 現実での好みのタイプは、頭がよくて、お兄さんみたいな感じの優しい人。「勉強を教えてもらいたい」
  • ピチ撮では、自分の撮影でないときに、必ず先輩ピチモのポーズを見て勉強している努力家
  • 長所は周囲に気を使えるところ。短所は、逆にいろいろ気をつかいすぎてしまうところ。また、ちょっとした細かいこともすぐ気なるタイプで、傍から見れば何でもないようなものでも気にしすぎてしまうという繊細な面もあり
  • 中2になってから、カラオケにすっかりはまり、週1で通う。十八番は、AFTERSCHOOLの「Bang!」
  • 中2の4月、弟が誕生する。とにかく可愛くて、毎日遊んであげている
  • 中2の1学期の期末テストにて、あまりにひどい成績を取ってしまい、家族から2時間に渡り説教される
  • オーディション同期の佐藤葵とは、プライベートでお泊り会をするくらい仲良し。最近、顔まで似てきたとピチ編から評判
  • 生野菜が嫌いなため、ビタミンは主に野菜ジュースや100%ジュースで補っている。特にお気に入りの銘柄は、カゴメの野菜生活100「紫の野菜」
  • 行ってみたい国は、イタリア。「本場のイタリア料理が食べたい!」
  • 最も落ち着く場所は、自分の部屋のすみっこ。理由は分からないがそこにいるとなぜか落ち着くということで、無意識のうちに、いつのまにか部屋の隅の角に背中を寄りかけるている
  • 好きなキャラはハリボーのくま。「あの、アメリカンな感じがイイ!」
  • 焼肉が大好き。これまでの最高では、一度に6人前以上も食べたこともある。焼肉を食べる量なら、ピチモの誰にも負けない自信アリ
  • 2011年の11月号にて、ソロで1ページを使ったファッション企画「おしゃレイのオトナっぽコーデ」を担当。2歳上に見られるテクを「オトナっぽポイント」として解説する。初のソロでのファッションページということで、「めっちゃがんばった」
  • クールでオトナっぽい外見に似合わず、実は少女趣味。「ぬいぐるみ集め」は2歳から続けており、部屋はぬいぐるみでいっぱい。こんな女の子らしい一面も持つ
  • また、仲良しの佐藤に対し、2012年の夏に、アプリ「LINE」のスタンプを一度にまとめて2059個も送りつけるというイタズラを行い、驚かせる。そんなおちゃめな面もアリ
  • 2012年の10月号「裏ピチ」では関紫優の上に乗っかり、12月号の同ページでは、山口乃々華の上に乗っかる。人の上に乗っかることが多く、実は意外とS
  • 生まれてこの方15年、ただの1度たりとも男子から告白されたことがなく、もちろん付き合った経験もない。外見の影響か、男子からはツンツンして見えて、とっつきずらく思われていると感じている
  • ピチモとしての目標は、「100質」と「一人表紙」をやること。実際、2012年の秋には、両者が同時に実現した夢を見たほど、ホンキで憧れているし、狙っている
  • 2012年11月のピチ撮にて、小林の誕生日が近かったため、長崎すみれ関紫優が中心となり、極秘に誕生会を企画。関の母による手作りフルーツケーキでお祝いしてもらうという、うれしいサプライズとなった
  • 2012年の夏、ピチモ間で、他のピチモが買ってきたお菓子やパンを、勝手に味見するブーム。そんな折、小林も休憩時間に食べようと買ってきたパンを、佐藤葵に発見され、食べられそうになるが、そこで取った盗難防止の対策が話題となる。小林は、パンの袋に黒マジックで大きく「小林のパン食べたらあかんで!」と記入した
  • 同じく2012年の夏、美空ひばりにハマる。「川の流れのように」や「愛燦燦 」を、iPodでヘビロテ
  • ずっとピチモに憧れており、小6の冬の年明けから「今年はゼッタイ受けるから!」と宣言。最初は反対する親に対し、とくかく、しつこくしつこく言い続け、ついに止めても無駄だとあきらめた親から許可をもらう。やると決めたことはやるという、強い意志を持った女の子である
  • 2011年度放送分『すイエんサー』(NHK Eテレ)より、すイエんサーガールズ。同年10月4日放送「運動会の玉入れでたくさん玉を入れたいっ!」の回が初登場となる
  • 2012年度エンディングテーマ曲「SweetAnswer」、ならびに2013年度エンディング曲「ピカッと!アハッと!体操」、いずれも歌唱選抜メンバー。振り付けPVにも出演する
  • 2013年2月26日&3月5日に2週連続で放送された『すイエんサー』(NHK Eテレ)の特別企画「挑戦状シリーズ」の第3弾「北海道大学編」にピチモ代表として出演。当回では唯一の中学生メンバー
  • 2013年3月号のバレンタイン企画「中3ピチモFiveバレンタイン女子会」では、小林はじめ、山口、長崎、森高の4人で、関の家に押かけて女子会を決行する。各自、リアル部屋着を持ち寄り、それに着替えた上で、手作りチョコを交換後、いよいよメーンの恋バナトーク。この様子は、同号114〜115ページに掲載された。なお、撮影終了後、現地解散となったが、小林のみが、そのまま関の家に居残り、実際にお泊りする
  • 同学年ピチモの仲良し4人組で「SNRS」というユニットを結成。名前の由来は、紫優の「S」、乃々華の「N」、玲の「R」、すみれの「S」を合わせたもの。さっそく、2013年5月号のファッションページ「GW着まわし」では、SNRSの4人によるストーリーが企画され、翌6月号では、念願の4人揃っての表紙となる
  • 利き手は、両利き。「鉛筆は左であとは両利き」ということで、どちらかというと、左をメーンに使うが、基本どっちもいける
  • 「すイエんサー」2013年7月放送分「ふっくらトロトロたこ焼き」の回にて、すイガールみんなで習字に挑戦する。他の3人は、右利きなので、普通に半紙の右に筆と墨が用意されるが、小林のみ左利きであるため、筆と墨は半紙の左側に並べられていた。ところが、なぜか小林は、わざわざ右手を伸ばして左側にある筆を取り、そのまま右手で文字を書く。見ていて多少不自然なシーンであるが、いずれにせよ「両利き」であることがわかる
  • 「すイエんサー」2013年7月30日放送分にて、視聴者からの疑問を解決するレポーターとして、単身金沢へ出張。「くっついたお皿をはがす方法」を伝授するも、ことごとく失敗。そのまま、スケジュールの都合で東京に戻る時間となってしまい、何の解決もできないうちにタイムアップ。ロケ終了となる
  • とにかく、コンプレックスは「脚が短い」と、ことあるごとに言い張る。しかし、13年6月号では「レイ美脚特集」が組まれたし、SNRSの4人で並んでも、むしろもっとも脚が長いほう。明らかに気にしすぎといえる
  • 小さい頃のニックネームは「レイチェル」。主に、父母や親せきなどから呼ばれていた
  • 2012年12月26日放送分すイエんサー「ポスターやカレンダーをビシッとまっすぐにする」回では、春巻きづくりのために用意されたライスペーパーを見た瞬間、目を丸くして「これで巻くの?」と驚く。これは、小林自身がライスペーパーというものを初めて見たため
  • 実は、手の大きさがピチモナンバーワン。「手の大きさなら、だれにも負けない」
  • 本誌14年1月号「ピチモが編集長」にて、担当編集長。平塚日菜を誘い、自身の持ち込み企画「着物着付け体験」を実施する。なお、選んだ着物はもちろん黒
  • SNRSの中では、特に関と仲良し。前出のとおり、「バレンタイン女子会」では、撮影終了後、ただひとり、そのまま居残って、関宅にお泊りしたことはもちろん、2013年5月号掲載の「リアルスクールライフ特集」では、いっしょに原宿へ遊びに行ったプリを掲載。小林にしては非常に珍しく、セーラー服などでコスプリを撮る。さらに、同年11月号の裏ピチでは、「いっしょにディズニーに行く約束をした」とある
  • また、埼玉(小林)と、東京(関)と、距離がそこそこ近いこともあり、高1の現在、すっかり月2でお泊りしあう仲。ちなみに、お泊りの場は、ほとんどが豪邸である関家
  • そんな仲の関からは、「寝起きが悪い」「寝てる間の歯ぎしりがひどい」と、およく注意される
  • 最近の特技は、立った状態から、ブリッジし、そのまま前後左右に動き回れること。これを見た友達からは、「キモイ」と言われる
  • 2014年4月号にて、ピチモ卒業。同号においては、卒業する6人について、スタジオでの卒業式&卒業ロケの様子や、個人別卒業特集が、合計4ページにわたって掲載される。なお、最終的なピチモ歴は3年9か月。表紙回数は5回

ピチモとしての歩み

  • 第18回(2010年)ピチモオーディション - グランプリ
    • 合格時学年:中1
    • 合格時身長:161cm
  • 2010年06月号:初登場
  • 2010年11月号:ピチレ出席簿
  • 2011年03月号:制服おしゃれ大作戦!
  • 2011年05月号:スクール成分表&ピチモHAPPYプロフ帳
  • 2011年06月号:恋バナ インタビュープロジェクト
  • 2011年09月号:中2ピチモ林間学校参加
  • 2011年10月号:ピチブロ&連載「おしゃれ総選挙」(〜同年12月号)
  • 2011年11月号:初表紙&ピチモのプラベめちゃ盛りプロフ帳&ピチモ運動会2011&"おしゃレイ"コーデ企画
  • 2011年12月号:連載「スターモデルの道」(〜12年2月号)
  • 2012年06月号:ピチモプロフ&ビューティBOOK
  • 2012年07月号:沖縄ロケ
  • 2012年10月号:ピチモスクール名鑑&プラベ実況なぅ!
  • 2013年01月号:はっちゃけクリパ実況中継
  • 2013年02月号:付き合うって何するの?(非リア充代表)
  • 2013年03月号:バレンタイン女子会
  • 2013年05月号:アフタースクールお悩み相談ルーム担当&SNRS着まわし
  • 2013年06月号:SNRS表紙
  • 2013年08月号:とじこみ付録「TOKYOぐるぐるお遊びBOOK」
  • 2013年10月号:アフタースクール(当番ピチモ)
  • 2013年12月号:ピチモが編集長(助手)
  • 2014年01月号:ピチモが編集長(編集長)
  • 2014年02月号:仲良しピチモラブレター
  • 2014年04月号:卒業特集

関連リンク