長崎すみれ

出典: ピチレモン百科事典 『ピチペディア』

su3.jpg

プロフィール

  • 長崎すみれ(ながさき すみれ)
  • 1997年6月23日生まれ
  • 大阪出身
  • ABP inc. 所属
     

経歴

  • デビュー時は本名の「米谷菫(よねたに すみれ)」で活動
  • BSフジ『We CAN☆』レギュラー(1期生)
  • ラブベリー専属モデル(2011年4月号〜10月号)
  • ピチレモン専属モデル(2011年11月号〜2015年1月号)
     

人物

  • ニックネームは「すーちゃん」
  • 友達からは「Smith(すみす)」
  • サバサバした性格
  • 憧れは立石晴香
  • 宮崎あおいに似てる(自称)
  • 生まれたときは体重が2850gで身長は48cm
  • 2コ上の姉と5コ下の妹の3人姉妹
  • 関紫優と並ぶピチモのおしゃれツートップ
  • 好みのタイプは三浦春馬
  • 深海魚マニア
     

エピソード

  • 芸能界に入ったきっかけは、現在の所属事務所エヴァーグリーンに自分で応募したことによる。もともと、小4からモデルに憧れており、立石晴香をはじめとした雑誌で活躍する人気モデルが多数所属していることを、当該事務所のホームページで知ったため
  • 2011年の春に、ラブベリーの専属モデルとして、モデルデビュー。しかしその後、半年を待たずして、年度末でラブベの休刊が決定する。そこで、事務所主導の下、同年秋にピチレへ移籍となる
  • ラブベリーでの公式ニックネームは、下の名前をそのまま「すみれ」。対して、ピチモとしての公式ニックネームは「すーちゃん」
  • お休みの日は、ゴロゴロしたり、雑誌を読んだりして過ごす。意外にも、基本インドア派
  • よく買い物に行くのは、梅田のHEPやEST。多くて週1、少なくても月2〜3回は行く
  • いっしょに行くのは母親。母親とは、いっしょに買い物に行くだけでなく、服や靴を貸し借りするなど、仲良しで、趣味が合う
  • おしゃれを気にするようになったのは、中学生になり、特にラブベリーナになってから。小学生だったころは、毎日、同じ服ばかり着ていた。また、買い物に行くのすらめんどくさくて、試着をさせられるたびに、不機嫌になっていた
  • 同様に、初めて自分でメークしたのも中3になってからと遅い。ピチレの撮影で「セルフメーク」企画があり、それをきっかけに、じょじょにメークのコツを覚えていった
  • どこに行くにも、常にコームとブラシの2個持ち。学校でも、休み時間のたびに、前髪&毛先はコームで、全体をブラシで、延々と、とき続けている
  • 中学での部活は英語部。週3で英語の勉強をしている
  • 好きな食べ物はハンバーガー。お肉が好き
  • お肉が大好きなので、食べたときは必ず同時にパイナップルジュースを飲んで消化をサポートするよう心かげる。外出先にも、持参して飲む。お気に入りの銘柄は「トロピカーナ100%ジュース パインアップル」
  • 欅坂46の米谷奈々未と名字&出身が一緒、かつ目元や輪郭も似ていることから、一部で「姉妹?」とウワサされるが、両者の間に血縁関係は一切ない
  • 2012年7月号、全ピチモが選ぶ「外見と性格にギャップがあるピチモ」第1位。ほんわか&おとなしそうな外見に対し、喋るとバリバリの関西弁&ツッコミがキツイということで、堂々のトップを獲得
  • 自分の部屋には、トルソー(マネキンの一種で頭なし・上半身だけのやつ)がある。これに実際に洋服を着せてみて、コーデを考えているという本格派
  • ピチモになったばかりのころは、「ネコ被ってた」。今では考えられないくらい、無口でおとなしかった
  • 中3の人気ピチモ、山口乃々華(ピンク)、小林玲(ブルー)、森高愛(レッド)、関紫優(パープル)、長崎(イエロー)の5人について、グループ名「ピチモ5」と命名する
  • 彼氏いない歴15年の非リア充。これまで一度も男子と付き合ったことがない。友達から「すみれは、理想が高すぎる」といわれるように、完璧な男子を求めているため、好きな人すら出来ない現状
  • そこでとりあえず「恋愛はJKになってから」と勝手にルールを作って自分を納得させ、残り少ない中学生活では無理しないことにしている
  • おしゃれのヒミツは、母&姉と洋服の貸し借りをすること
  • 尊敬するピチモは、同事務所でラブベリー時代から先輩の未来穂香
  • 2013年2月、第一志望の高校に合格したことを公式ブログにて発表する。特に受験生であった中3時には、学業と並行して、ピチモとしても、5月号で「プラベ」を、7月号では表紙を、12月号では100質をといったように、中心モデルとして活躍。そんな中での志望校合格ということで、見事、学校と仕事の両立をやりとげた
  • よくお腹が痛くなるので、常にポーチに薬を入れて持ち歩いている
  • サバサバした性格の大阪人ではあるが、実は意外と人見知り。仲良くなればうるさいほどよく喋るが、相手と初対面の場合は話しかけられるのを待つことが多い
  • 2013年3月号のバレンタイン企画「中3ピチモFiveバレンタイン女子会」では、山口、小林、長崎、森高の4人が、関の家に押かけて女子会を決行する。各自、リアル部屋着を持ち寄り、それに着替えた上で、手作りチョコを交換後、いよいよメーンの恋バナトーク。この様子は、同号114〜115ページに掲載された
  • いかにも女の子らしい外見とはウラハラに、意外に、ものぐさな性格で、料理は苦手。上記「バレンタイン女子会」では、各自が手作りチョコを持ち寄って交換するという企画につき、他の4人はしっかり手作りであるに対し、長崎のみ買いチョコを持参する
  • 2013年度放送分『すイエんサー』(NHK Eテレ)より、すイエんサーガールズ。同年度から流れる新エンディングテーマ曲「ピカッと!アハッと!体操」の歌唱メンバーにも選出される
  • 同学年ピチモの仲良し4人組で「SNRS」というグループを結成。名前の由来は、紫優の「S」、乃々華の「N」、玲の「R」、すみれの「S」を合わせたもの。さっそく、2013年5月号のファッションページ「GW着まわし」では、SNRSの4人によるストーリーが企画され、翌6月号では、念願の4人揃っての表紙となる
  • ピチレ2013年5月号の別冊付録「ブルクロ新聞」に初登場。小川涼に続き、新しくBCGのイメージモデルに就任する
  • 13年7月号の恒例「水着特集」に選抜。1泊2日の日程で、白浜のロケに参加する。前年は沖縄ロケで2泊3日だったところ、やや規模が縮小となった
  • 13年7月号の連載「ピチモが編集長」(vol.3)にて、担当編集長を務める。テーマは、キャップヘアアレ研究。このテーマを選んだ理由は、新ピチモ優希美青が、「これまでの人生でキャップを1度しかかぶったことがない」ということを聞きつけたことによる。連載本編では、長崎が徹底的に、優希にキャップ選びのコツなどを伝授する
  • 2013年の夏に森永より発売された新商品「リプトン ハニーミルクティー」にどっぷりはまる。ほとんど毎日のように愛飲する
  • 6月23日は誕生日。2013年9月号「リアル夏私服」のピチ撮の日が、誕生日に近かったため、その日いっしょになった関、小林、山口の3人が、極秘にサプライズパーティを企画。撮影後、イキナリ、ケーキや寄せ書き色紙をプレゼントされ、驚きとうれしさで、ちょっと涙ぐむ
  • これまでで、最も嬉しかったクリスマスのプレゼントは、小6のときにもらった、リファのコロコロローラー。中3となる今も、愛用中
  • お財布はジューシークチュール。これまた中1のときに使用をはじめ、現在も愛用中。こうしてみると、長崎は、とにかく物を大切に使う傾向がある
  • ただし、ジューシークチュールの財布の入手については、13年7月号で「姉がお財布を買うとき、ついでに、自身の分も買ってもらった」とあり、一方で、同年10月号には「ずっと母親にお財布欲しいと言い続けていたら、ある日突然母がくれた」とある。たった3カ月で、言ってることがコロコロ変わっており、一部読者から、その発言の信憑性に疑問が呈される
  • 13年12月3日放送「すイエんサー」に初出演。本編ではなく、ミニコーナー「みんなのすイエんサー」のロケ担当。すイガールの先輩、荻野可鈴といっしょに大阪大学に出向き、「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という無理難題にチャレンジする。様々な教授や学生から話を聞いた上で、最終的には長崎がいかにも大阪人らしギャグ込の解決法を提示し、番組を締める
  • SNRSの中でも特に仲良しなのが「ののすー」コンビとしても有名な山口。そんな山口が、E-girlsの握手会などで大阪に来る場合、長崎は、いちファンとして、行けるときは必ず参加するようにしている
  • 2013年12月1日付の公式ブログにて、同月末日をもって、所属事務所エヴァーグリーンを辞めることを報告する。これに伴い、オフィシャルブログは同月13日をもって閉鎖となる。なお、ピチレモン専属モデルや、すイエんサーは、これまで通り続投
  • 2014年からは、新たに芸能事務所「ABP inc.」への所属となる。ABP所属のピチモは、2003年の秋山奈々以来、2人目
  • ニックネーム「すーちゃん」の読み方(アクセント)は独特。長崎の場合、同じニックネームであるAKBの佐藤すみれのように、「す」にアクセントを置くのではなく、すべてを均等・平板に発音する(本人の口から実際になされた自己紹介より)
  • ピチレにおいては、原則として毎年の4月号で、その新年度から高2となる最年長ピチモが一斉に卒業となる。しかし、2014年度は例外で、長崎ほか、山口&森高の3人が、高2となる4月以降も残留する。なお、同学年の残り6人は通常通り卒業となった
  • ピチレ2014年4月号の本誌企画「ピチモ学力テスト」に、高校組から、ただ一人だけ参加。小中学生を相手に、本気で解答する。結果、3位ということで、ギリギリ最年長としての面目を保つ
  • 小3まではミディアム。小4から髪を伸ばし始めるも、再び小6の「We Can☆」時代にミディアムボブ。で、中学生になって以降、高校生の現在にいたるまで、一貫してロング。ただし、小5までは前髪を作らないロングで、中学以降は前髪パッツンのロング
  • そんなロングの髪を、ピチレ本誌2014年4月号のヘアカット企画にて、バッサリカット。20cm以上切って、超久々のミディアムにする
  • 好きな有名人は野村周平(高1になって三浦春馬から推し変)。缶バッチや生写真はじめ、野村のグッズを収集する
  • 八重歯がチャームポイントと自認。2014年4月号の企画「ピチモ学力テスト」で描いた自画像にも、「八重歯が特徴」とコメントを加える。ただし、その自画像では右に八重歯を描いたが、実際は左にある
  • ピチレモン2014年6月号では、誌面への登場数が1位と、最年長ながら大活躍する。長崎が登場数トップとなったのは、ピチモになってから2年7ヶ月にして、初の快挙
  • 2014年5月、ABPのサイト上に、長崎の公式プロフィールページが作成される
  • 2015年8月号では「すーちゃん 着まわしモーソー恋DIARY」として、完全ソロで2ページの着まわし特集が掲載。最年長となっても、相変わらず、長崎のおしゃれリーダー的扱いが続く
  • 2014年の11月号では「秋のピチモ学力テスト」に参加。春のリベンジとして、また唯一の高2からの参加者として、「最年長としてガンバル!」と気合を入れるも、年下相手に、見せ場なく中途半端な成績で終わる
  • さらに同号では、まさに長崎のための企画ともいえる「オシャレ着こなし選手権」も開催。総選挙形式の読者投票で、ピチモの私服おしゃれナンバー1をきめるというもの。しかし、編集長はじめ編集部の総入れ替え、さらには外部に編集委託といった編集サイドの大人の事情&ゴタゴタにより、急遽企画が消滅。けっきょく、途中まで受け付けた投票も、そのままうやむやに終わる
  • 2015年1月号をもって、定時(高2となる4月)の卒業が延期されていた長崎はじめ、森高、山口の3人が、ついに卒業となる
  • 同号では、そんな3人による読者へのメッセージや、編集部スタッフ&後輩からの贈る言葉、これまでの活躍の軌跡など、全4ページにわたる卒業特集が掲載された
  • なお、その卒業特集の撮影では、真っ先に山口が泣き出す。それにつられて、森高も涙。しかし、長崎だけは、最後まで笑顔で通した
  • とはいえ、これには後日談あり。実は、帰りの新幹線の中、ひとりになったところで、初めて涙を流す。その後、大阪に着くまで、ずっと号泣していたという
  • 最終的なピチモ歴は39ヶ月(3年3ヶ月)。表紙回数回は8回
  • 中2という比較的遅い次期の加入、しかも、休刊による他誌からの移籍(セット移籍の同事務所の先輩、未来&井之上の"おまけ"的扱いで、加入当初は全ったく推されていない状態)という不利な状況にあって、ここまで表紙回数を伸ばし、かつ山口と共に「ののすー」として、世代トップになったことは、ここ数年のピチレにおける最大の快挙の1つとされる
     

ピチモとしての歩み

  • ラブベリー休刊により、オーディション外でピチレ移籍
    • 加入時学年:中2
    • 加入時身長:155cm
  • 2011年11月号:初登場/プラベめちゃ盛りプロフ帳
  • 2012年04月号:私服がおっしゃーすぎる件(関紫優との対談)
  • 2012年06月号:ぷらべ実況なぅ!&ピチモプロフ&ビューティBOOK
  • 2012年07月号:水着特集
  • 2012年08月号:初表紙
  • 2012年10月号:ピチモスクール名鑑
  • 2012年12月号:すーちゃんに100の質問
  • 2013年01月号:はっちゃけクリパ実況中継
  • 2013年02月号:付き合うって何するの?(非リア充代表)
  • 2013年03月号:制服でハッピースクールライフ&バレンタイン女子会
  • 2013年04月号:山口さんと長崎さんの着まわし21日
  • 2013年05月号:別冊付録「ブルクロ新聞」
  • 2013年06月号:連載「ピチモが編集長」ゲスト
  • 2013年07月号:水着ロケ&連載「ピチモが編集長」担当
  • 2013年09月号:別冊付録「ブルクロ新聞」
  • 2010年10月号:ピチレ誌上劇場「きゅんとこな」
  • 2013年11月号:USJ&ディズニーロケ
  • 2013年12月号:着まわし「カノXカノ トライアングル」
  • 2014年01月号:仲良しコンビ しゃべくり007(ののすー)
  • 2014年02月号:着まわし「カノXカノトライアングル」
  • 2014年04月号:学力テスト/ヘアカット
  • 2014年05月号:大型連載「テラピチハウス」
  • 2014年06月号:アフタースクール当番
  • 2014年07月号:水着BOOK
  • 2014年08月号:着まわしモーソー恋DIARY(ソロ)
  • 2014年09月号:おしゃれ番長ブランドマネキンコーデ
  • 2014年11月号:オシャレ着こなし選手権/かしこ一選手権2014
  • 2015年01月号:卒業特集
     

関連リンク