壁谷明音 の変更点

出典: ピチレモン百科事典 『ピチペディア』

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 壁谷明音 へ行く。

#ref(aa3.jpg,right,around,wrap)
**プロフィール [#oa9942e6]
-壁谷明音  (かべや あかね)
-1990年11月25日生まれ
-愛知出身
-元タンバリンアーティスツ所属

**人物 [#b3ae2aaf]
-ニックネームは「あー」
-趣味はアイドル研究
-特技はヴァイオリン
-高校ではサッカー部マネージャー
-小1からピアノ
-小4からヴァイオリン
-ピチモの元祖「おしゃれ番長」

**エピソード [#r5456632]
-表紙回数25回を誇る、ピチレモン史上最大のエース
-幼稚園から乗馬をたしなみ、趣味はヴァイオリンにピアノという、バリバリの超お嬢様
-姉の跡を継ぎ、小4からピチ読。好きなピチモは、中田あすみと大沢あかね
-オーディションを受けたきっかけは、「自分は合格しなくても、未来のモデルとお友達になれるかもしれない」と思ったから。とにかく、可愛い子が大好きで、そんなコたちと知り合えるかも!?という不純な動機で応募したところ、見事にグランプリを獲得。自分が受かってしまった
-もちろん、2次の面接会場の控え室においては、自分が受かることよりも、周りの可愛い女の子の物色に夢中。その場で、最も可愛いと思ったコに声をかけ、ちゃっかり友達になる
-そんな壁谷の目に留まった「最も可愛い子」というのが、南谷結。けっきょく、二人揃って合格することになるが、壁谷がグランプリなのに対し、南谷は準グランプリであった。ともにタンバリンアーティスツに所属する
-オーディション2次のカメラテストは、ピチレ専属のプロのカメラマンが実際に撮影する。後に、担当カメラマンは「撮影してて『これはスゴイ子が現れたぞ!こんなコ初めて!』と思いましたね」と語っている。デビュー前であるにも関わらず、いかに壁谷のオーラが他を圧倒していたかを物語るエピソードであり、実際、数年後にはピチレを代表するエースに成長する
-小学からピチ読であり、とにかくピチレモンに詳しい。表紙の構図についても、ほぼ全ての号について記憶しており、ある表紙撮影のときには、編集スタッフに、ポーズや構図について、過去の例と比較した意見を伝えたりもする
-2002年の2月、たまたま髪を切ったところ、母が記念に写真を撮る。その写真をそのまま応募写真として用い、なんと締め切り最終日(当日消印有効)に応募書類郵送する
-初のピチ撮が、2002年7月号で、イキナリのロケ。このとき、ロケバスにも始めて乗車し、当時のエース格ピチモ神崎詩織の隣の席に、何も分からずちゃっかり座ってしまい、ムダに緊張する。そんなとき、三輪麻未がやさしく話しかけつつ、いろいろ世話をしてくれたので安心できた
-2007年8月号での卒業特集は、天野莉絵&柳生みゆとの3人で、青山の教会にて、ウェディングドレス姿で撮影。当時の白井編集長から、卒業証書を手渡され、3人ともに涙涙。この撮影には、テレビ埼玉のカメラも入り、後の『ピチスタ』でも放送される

**ピチレ以外の出演作品 [#nf606312]
-2003年 CD (ピポ☆エンジェルズ各種)
-2004年 ソロDVD 『GROWING UP』
-2005年 映画 『ピチモでドラマ−私がモデルになれた理由−』
-2005年 オムニバス写真集 『スクールガール』
-2007年 テレビ埼玉 『ピチスタ』MC

**ピチモとしてのあゆみ [#se0e2ce1]
-第6回(2002年前期)ピチモオーディション - グランプリ
--合格時学年:小6
--合格時身長:146cm
-2002年06月号:合格発表
-2002年07月号:初登場
-2003年07月号:水着ロケ
-2003年07月号:ヘアカット密着ルポ
-2003年08月号:初表紙
-2004年02月号:卒服BOOK
-2004年10月号:ピチモ名鑑カード
-2004年12月号:「これが明音の生きる道!」(個人特集)
-2005年07月号:沖縄ロケ
-2005年12月号:ピチモスクールライフBOOK
-2006年02月号:初ソロ表紙
-2006年07月号:沖縄ロケ
-2006年10月号:ピチモのキレイの素
-2006年12月号:リアルスクールライフBOOK
-2007年08月号:卒業(卒業特集)

**関連リンク [#odd3d4c1]
-公式ブログ「Are you Happy ?」~
 http://ameblo.jp/a-a-a-x/
-小説ピチモ物語 - 卒業。~
 http://www.geocities.jp/mizuiro_tenshi/pichimono_14.html